水仕事をしてもネイルを長持ちさせるポイント

毎日洗いものなどの水仕事をしていると、洗っている時などにお皿などが指先にぶつかって、いつのまにかネイルが剥がれてしまったりキズなどついてしまう場合があります。

そして、長い時間水に触れていることもネイルが剥がれやすくなってしまう原因になります。

ネイルを少しでも長持ちさせるためには、洗いものなどをしている時にお皿などが指先にぶつからないように気を付けることがポイントですし、水仕事をする際にはあまり長い時間水に触れないようにすることなどもポイントです。

そのため、毎日洗いものなどの水仕事を行うという方が洗い方などを注意することは難しいかもしれませんが、少しでもぶつけないように意識することや直接水に触れないように手袋などを使うこと、そして掃除などをする際にはブラシなどの道具を使って、できるだけ直接手や指を使わないように気をつけることもネイルを長持ちさせることにつながります。

しかし、水仕事を行う際に手袋を使う際には、手袋などによって手が荒れないようになどの注意が必要ですし、水仕事などを行った際には手を濡れたままにしておかずに、できるだけ早めに水をふき取ることもネイルを長持ちさせるポイントになります。

カテゴリー: ネイル パーマリンク