すべてがサプリになる

妊娠を計画しているときにも、妊娠しやすい体づくりの為に出来る事ってたくさんありますよね。例えば、葉酸です。妊活中の時から葉酸を摂取するように、と雑誌に載っていたと、友達が教えてくれました。どうやら、葉酸は赤ちゃんが大きくなるために重要な働きをする栄養素だという事が分かりました。野菜にも含まれている栄養素なのですが、野菜をちゃんと食べれない場合は、葉酸のサプリを飲んでも良いと書いてあったので、サプリを利用しようかと考えています。葉酸サプリは色々な会社が出しているのですが、赤ちゃんと身体のことを考えて、安全性が高く、安心して飲めるものを探して元気な赤ちゃんを授かれるよう、妊活を頑張っていきたいです。

2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、言えば不機嫌になりそうだったので、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、即、妊娠できるというわけでもなく、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。私はラッキーだったのか、早々に二人目の妊娠が判明。やったぁ!と思いました。嬉しかったです。

妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が必須であると厚生省が推奨していますが、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が必要ないのでしょうか。確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。ですが全く摂らなくなっても良いのかというと決してそうではないんですよね。葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠初期が大変重要な期間という事ですので、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。

不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。この作用は妊娠にも有効で、とくに着床困難を解消するため、それだけで妊娠確率が上がることが期待できます。それに、血液が増えると新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、ホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、不妊治療に役立つのです。

スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、大豆食品(豆腐・豆乳・納豆)とお魚が挙げられます。レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。
孕ませ合法化
母体作りに必要な栄養が豊富に含まれますから、意識して摂取していきたいですね。ただ、過食は毒にもなりますので、バランス良く一つの食品群に偏らないことが理想であることは間違いありません。一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は産後までは我慢したほうが良いですね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク